HOME > ダイエット情報 > NS式急速ダイエット > 急速減量法に入る前の3つのポイント

ダイエット情報

NS式急速ダイエット

急速減量法に入る前の3つのポイント

POINT1 : 3日間ダイエットの開始日

[生理終了後にスタート]
生理開始10日程度前から生理時までは、ホルモンの関係で体内に水分が溜まりやすく、体重が減りにくくなります。反対に一番落ちやすいのが生理以後。ベストの条件でダイエットするために、生理が終わった後にスタートしましょう。

ページの先頭へ

POINT2 : 3日間で脂肪をめいっぱい燃やすための前日食

体に入ってくるカロリーが減少すると、まず肝臓や筋肉に蓄えられたグリコーゲンという糖質がエネルギーとして使われます。これが使い果たされて初めて体についた脂肪が分解・燃焼し始めます。3日間ダイエットで効率よく脂肪を落としていくためには、グリコーゲンは前日にできるだけ消費してしまいましょう。
前日の食事は控え目、生食中心に考えてください。3日間で最も効率よく脂肪を燃焼するには前日の食事を500kcal程度に抑えます。理想としては、丸一日、果物や野菜だけを生で食べるようにすることです。

前日の食事例(補助食品も取り始めます)
BFスレンダー(食前) 10粒 10粒 10粒
プリムローズ(食前) 2粒 2粒 2粒
バイオハーブ 起きてすぐ2粒 - 寝る前に2粒
食事 生野菜・果物を中心に。夜はなるべく6:00以降食べないように

ページの先頭へ

POINT3 : 3日間急速減量中、注意すること
補助食品類の分量を勝手に変えない
ウルトラプロテイン、BFスレンダーの分量をきちんと守ってください。特に、プロテインの分量確保ができないと、脂肪は効率よく減ってくれませんし、BFスレンダーによるビタミン・ミネラル確保も必須です。
水分をしっかり摂る
実行中、水分は一日二リットル程度は摂ることを心がけます。原則として水、できればミネラル・ウォーターを。他のものを飲む場合にはノンカロリーが鉄則。コーヒー、紅茶他、カフェイン入りの飲み物は、御法度。当然アルコールは禁止です。
三日間以上は続けない
三日間以上続けたからといって健康に害が出るということはありませんが、三日間以上の絶食は専門家の管理下で行うのが原則です。もし三日間が終わった時点でもっと脂肪を落としたくても、一ヶ月に一回の基本を守るようにしてください。
激しい運動は避ける
急速減量中に勉強や仕事は普段どおりしていただいてもかまいませんが、なんといっても超低カロリー。激しい運動は避けてください。
熱い風呂は避け、長湯もしない
風呂は予想以上に体力を消耗します。ぬるめの湯にさっと入るか、シャワーですませるように。
健康を害している方は実施できません
体のどこかに多少でも異常のある方、処方薬を飲んでいる方は絶対にご自分の判断で実行しないでください。また、妊娠中または授乳中の婦人も実施すべきではありません。

ページの先頭へ

おすすめ書籍