HOME > ダイエット情報 > NS式急速ダイエット > いよいよ急速減量 スタート!(1〜3日目)

ダイエット情報

NS式急速ダイエット

いよいよ急速減量 スタート!(1〜3日目)

3日間ナニ食べればいいの?

3日間でなるべく過激に体重を落とすには、断食が最も強力な減量。確かにこの方法だと体重はおもしろいように落ちます。しかし実際に落ちていくのは脂肪ではなく、筋肉などの組織、そして水分ばかり。
体に必要な良質タンパク質の必要量を確実に満たし、他の栄養素も摂取していくNS式は脂肪を最も効率よく燃焼させていくために、特別に用意された“食事”です。とはいえ、3日間は普通の食事をしないという意味では、絶食療法の一つです。

食事から栄養素は摂れますが、急速に皮下脂肪を分解・燃焼するために必要なバランスを確保することは不可能であり、脂肪燃焼の妨げとなってしまう余分なカロリーもとり込んでしまうことになります。このため、補助食品を使っていくことになるわけですが、その具体的な食べ方・飲み方を見てみましょう。ここでは、50キロの方を基準にしています。

ページの先頭へ

3日間の栄養補助食品の摂り方
補助食品類
BFスレンダー
(体に必要なビタミン・ミネラルを確保)
10粒 10粒 10粒
ウルトラプロテイン
(プロテインスコアー100のタンパク質)
[上記は50kgの方の場合。体重1kgにつきタンパク質1gに調整]
1袋 2袋 2袋
プリムローズ
(ガンマリノレン酸の確保)
3粒 3粒 3粒
バイオハーブ
(代謝を促し、体の中を大掃除)
[毎日お通じのある場合は1粒づつ]
起きてすぐ2粒 - 寝る前に2粒
天然塩
(ほうじ茶180ccに混ぜて)
食間に1.8g - 食間に1.8g

ページの先頭へ

空腹感を感じる方はビタミンCを
  • シェーカーに130ml程度(好みにより増減)水を入れてから、ウルトラプロテイン2袋を加えて、シェイクしておのみください。
  • 体重による1日の増量分: 体重が60kgまでは朝1袋、70kgまでは、夜1袋を増量。
    これ以上の場合は、体重10kgあたり1袋増量してください。ただし、1回に飲む量は、2袋を限度としてください。
  • 塩をとるのは、絶食により塩分が欠乏状態に追い込まれるからです。
    塩分が欠乏すると、頭がぼーっとしたり、やる気がなくなります。もともと低血圧気味の人の場合、立ちくらみが起こったりします。また、尿の量が減ってきて、体重も落ちにくくなるのです。 このようなことを防ぐために一日あたり4gの塩分(スレンダー、ウルトラプロテインから0.8g)を確保します。
  • 天然塩でなく、ほうじ茶に梅干しを入れてもOK。
    その場合、塩分量をご確認ください。欠乏同様、摂りすぎでも、思ったような減量効果があらわれません。

ページの先頭へ

おすすめ書籍