HOME > 健康管理情報 > 日本で忘れられた酵素栄養学とは > 酵素だからといって、すべて同じではない!

健康管理情報

日本で忘れられた酵素栄養学とは

酵素だからといって、すべて同じではない!

イメージ

「酵素」の知名度が急速にアップしてきました。酵素をうたった製品も次々に登場しています。酵素の重要性に気づき、生活の改善にとり組む人が増えるのは素晴らしいことです。
しかし、酵素人気に便乗して、酵素ではないものを「酵素」と呼び、事実とは反することをPRして販売する業者があとをたちません。販売者自身が、実際には酵素ではないものを酵素と信じていることも多いので厄介です。

商品名が「酵素」でも、酵素じゃない?

「酵素」といえば、昔から販売されている液体の「酵素飲料」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。酵素飲料は、酵素の力を利用してつくられた発酵食品ではありますが、実は“酵素”ではありません。

酵素飲料の原材料には、何十種類もの新鮮な野菜やくだもの、海藻やキノコ類が使われます。これらには食物酵素が豊富に含まれています。これらの原材料は酵素の力を借りて分解され、体内に吸収されやすいアミノ酸や体内で補酵素の働きをするビタミン・ミネラル・などがたっぷり含まれる“発酵飲料”に生まれ変わります。健康にいい飲み物であることは間違いありません。
しかし、これを飲んでも体内の酵素そのものを補えるわけではありません。一緒に食べたものを消化分解してくれるわけでもありません。体の消化酵素を節約するために必要な「事前消化」に役立つわけでもないのです。つまり、事前消化および消化活動に必要な分解酵素は含まれない、あるいは仮にふくまれていても微量なのです。

ページの先頭へ

粉末の酵素は死んでいる??

私の元に1通のメールが飛びこんできました。
「酵素は粉末でなく液体で摂取しなければ意味がない。粉末タイプの酵素サプリメントでは既に酵素は死んでしまっているから」との話を聞いたとのことで、ウルトラ酵素の摂取に不安を感じたようです。

まず、最初にいっておきますが、酵素は死にません。生き物は酵素がなければ死んでしまいます。でも、酵素は生命体ではなく、単にアミノ酸をたくさんもったタンパク質ですから、「壊れる」あるいは、「活性がなくなる」といいます。
最近は酵素サプリとして粉末タイプのものも多く出ています。なかには、穀物類や薬草類などを単純に粉末にしただけのものや、熱処理加工(酵素は48℃で壊れはじめる)されているのに“酵素サプリ”として販売されています。これらに酵素活性は望めません。ウルトラ酵素は麹菌がつくりだす高い酵素活性を維持していますから、こうした“酵素もどき粉末”とはまったく別物です。

ちなみに、酵素の活性は、温度、湿度、ペーハーの3つの要素に影響をうけます。分解酵素は液体のなかで活性を長時間保つことはできないのです。

ページの先頭へ

デンプン(炭水化物)を一瞬にして分解

外側から補う酵素の働きとしてもっとも重要視すべきは、食べたものを胃の上部で消化分解するパワー。本格的な消化活動がはじまる前に酵素の働きで事前消化できれば、胃や膵臓の負担は減り、良好な消化吸収は可能となり、自前の消化酵素の節約により体内酵素がしっかり働き、すべての代謝活動がスムーズにいくようになります。
酵素活性が高いもの、分解力がすぐれているものを、「力価が高い」といいます。力価の高い酵素製品でなければ食生活で浪費をつづけている消化酵素を節約し、体内酵素の活性にむすびつくことはありません。

酵素の力価をテスト

実は酵素の力価をテストする簡単な実験があります。カップがあなたの“胃”とイメージしながら、やってみましょう。

  1. 片栗粉(山盛大さじ)をカップに入れ、まず適量の水で溶きます。
  2. 熱湯150cc程度をそそぎ、スプーンなどで、固まるまでかき混ぜます(片栗粉が透明になり、プルンプルンと固まった状態にします)。
    ※片栗粉は胃の中のご飯と思ってください。固まっているのは消化が悪く、胃がもたれている状態と同じです。
  3. この固まりに、ウルトラ酵素のカプセル1粒をあけ、粉を振りかけてかき混ぜると…あ〜ら不思議。一瞬にして“水”に!!

片栗粉はデンプンですから、ウルトラ酵素にふくまれるアミラーゼ(デンプン分解酵素)が一気に働いて、デンプン(炭水化物)を分解したわけですね。たった 0.4gでこのパワーですから、酵素としての力価が非常に高いということです。同様に片栗粉で固まりをつくり、たとえば、液体の酵素飲料をいれてみます。なんの変化もおこりません。つまり酵素の働きとして求めるべき分解パワーはないということです。

ページの先頭へ

タンパク質もしっかり分解

私たちはご飯だけを食べているわけではありません。他の栄養素も同様に分解してくれなくては困ります。ウルトラ酵素はデンプン分解酵素以外にも、消化に必要な7種類の消化酵素を高い力価で保持しています。
タンパク質はデンプンにくらべ構造が複雑なので若干時間がかかりますが、実験してみましょう。

使うのはタンパク質の代表選手、卵(脂質もふくまれています)。冷蔵庫から出したてのものではなく常温のものを用意します。

  1. 2つのカップそれぞれに1個ずつ生卵を割り入れ、よく溶きます。
  2. 片方のカップにだけ、ウルトラ酵素をカプセルから出してよく混ぜます。そのまま20〜30分放置します。
    ※卵をいくらよく溶いても白味のどろ〜んとしたかたまりはそのまま。ところがウルトラ酵素をいれた方は、白身のかたまりは分解。なくなっています。
  3. もう一度よくかき混ぜてから、両方のカップに一気に熱湯を注ぎます。

卵だけのほうは卵スープのように、瞬時に卵が固まった状態に。
ウルトラ酵素を入れたほうはあら、なんと!溶き卵は固まりません!酵素がタンパク質を分解したことにより、固まりのない液体状に!

ウルトラ酵素はこのように大変高い力価を維持しています。もし、あなたがほかの酵素食品を摂取していて、酵素パワーに疑問を感じたら、こうした簡単なテストをやってみるといいですね。


あなたが、もし、「生の食物だけしか食べない」、しかも、「口のなかでドロドロになるまでよ〜く噛んで食べている」というのであれば、酵素サプリを摂取する必要なんてありません。

しかし、調理加工されたもの中心の食生活においては、食物酵素同様に胃上部で食べたものを事前消化してくれる酵素サプリは、若さを保ち、病気知らずで元気に過ごすための必須アイテムです。自分の体がつくる消化酵素の浪費を防ぎ、体内の酵素がマクシマムに働く状態をつくるため、ぜひとも、力価の高い、いい酵素製品をお選びください。

ページの先頭へ

おすすめ書籍