健康管理情報

日本で忘れられた酵素栄養学とは

酵素にまつわるQ&A


酵素という言葉はよく聞きますが、健康とどう関わっているのですか?
体内では3000種類以上の酵素が四六時中働いています。体内で行われるすべての働きに、必ず酵素は関わっています。人間は勿論、あらゆる生きものは酵素の働きがなければ一瞬たりとも生きられません。私たちの健康は、これら代謝酵素の働き具合によって大きく左右されるのです。

ページの先頭へ

何を食べれば酵素を摂れますか?どんな食品に多く含まれていますか?
生命あるものはすべて酵素を持っているので、私たちの口にする、肉類、魚類穀物類、野菜や果物などにはどれも豊富に酵素は含まれています。ただ、酵素は非常に熱に弱く48度で壊されてしまいますので、調理、加工されたものは、ほとんど酵素がないと言わざるを得ません。現代人の食生活では生食の比率が非常に低いため、ほとんど人が酵素不足といってもいいでしょう。
ただ、酵素をたっぷり含む食品を摂ったからといって、それがそのまま体内に取り込まれて、代謝酵素として働いてくれるわけではない。

ページの先頭へ

なんで酵素が壊れていない食品を摂る必要があるの?
食べたものの消化分解・吸収には、多くの消化酵素が必要です。体が消化酵素を作ることに専念せざるを得ないと、体は他の部分に行き渡るだけの代謝酵素を作れなくなってしまい、代謝機能の低下からあらゆる問題が発生してきます。
生の食品には豊富に食物酵素が含まれていて、その食品自体を消化してくれます。事前消化が進むわけです。これにより消化の負担は軽減されるだけでなく、食物がきちんと分解されてから血液中に取り込まれるようになります。また、体は消化の為の酵素配分を減らし、体全体を機能させている他の何千もの酵素にその分をまわすことが出来るようになり、体内が活発に働ける状況がつくられます。
調理した食品と一緒に、タンパク質・脂質・糖質などを分解する消化酵素が含まれている食品を摂れば、消化器官に負担をかけずに、調理した食品を消化分解し、体の酵素の無駄使いを防ぐことができます。

ページの先頭へ

薬局で売っている酵素飲料は、ウルトラ酵素と同じもの?
全く別物と思ってください。「酵素」という商品名がついていても、実際には酵素そのものではなく、使用目的、体内での作用も全く違います。市販品は、生の野菜、果物、海草などを酵素の力を利用して発酵させたもの。原材料には食物酵素が豊富ですが、発酵後の上澄み液だけをとって、加熱して瓶詰め。仮に上澄み液に酵素が含まれていても、加熱によって壊されてしまっています。
ただ、「酵素飲料」には、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などは吸収されやすい形で含まれており、体調が悪いときに摂取すると、すぐに元気になったような気がします。また、絶食時には、自分の消化酵素を使わずに必要な栄養補給ができますから便利です。
しかしながら、ウルトラ酵素のような消化酵素が含まれているわけではなく、他の食品を消化分解する力はありません。当然血液中の未消化物質の分解能力もありません。従って、ウルトラ酵素と同様の使い方をしても意味はありませんし、ウルトラ酵素の効果を期待することもできません。

ページの先頭へ

酵素サプリメントをとることで、糖質や脂肪の吸収がよくなったら太るのでは?
そのような心配はありません。巷に出まわっているダイエット食品には糖質や脂肪の吸収を阻害する素材を使ったものが多くあります。「糖質や脂肪が太るもとだから、それらが体に入らないようにすれば痩せる」という、安易なコンセプトに基づいてのことでしょう。しかし、食べ過ぎてしまうのは酵素が不足しているからですし、酵素不足で代謝に必要な栄養素が体内に取り込めないから、無駄な脂肪がついてしまうのです。実際、太っている人はアミラーゼ(糖質分解酵素)やリパーゼ(脂肪分解酵素)が不足していることが分かっています。
脂肪や糖分の多い食品を食べたくなるのは、体がそれらを必要としているからに他なりません。消化酵素不足で体に必要な栄養素がきちんと体内に取り込まれないと、体は常に「食べろ!」というサインを出し続けます。しかし、食べても欲求が満たされない。だから、また食べる。結局食べ過ぎることになってしまうのです。しかも、食べても食べても必要な栄養素は体内に取り込まれないのですから、それらの栄養素を必要としている代謝は低下。カロリーオーバーと基礎代謝率低下のダブル作用で、確実に太ることになります。
酵素サプリメントをとりはじめると栄養素がしっかり吸収されるようになるため、余分に食べたいという要求が起こらなくなります。食べ過ぎることなく、必須栄養素が確保できるようになりますから、代謝もスムーズに行われるようになり、無駄な脂肪は落ちていきます。
体に必要な栄養素を阻害していては、いつまでも健康的に痩せることはできません。確実に栄養素を消化吸収させる。それでこそ、太らない体質づくりが可能となるのであって、それを可能にしてくれるのが、酵素サプリメントなのです。いつまでも美しく、健康で、スリムボディを保つために、うまく利用してください。

ページの先頭へ

酵素サプリメントの主成分を教えてください
酵素サプリメントは、大きく分けると動物性、植物性、菌性のものがありますが、動物性としてはパンクレアチン、植物性としてはパパイヤやパイナップルの酵素が有名です。ただ、これらは消化剤として使われることが多く、日本では医薬品扱いになっているものがほとんどです。
これらに対して、菌性(麹菌)の酵素サプリメントはあくまでも食物に含まれている酵素の変わりをする補助食品であって、消化剤として使うものではありません。
私たちが酵素が豊富に含まれている新鮮な食物を食べると、胃の上部でこれらは自分のもっている酵素で自己分解を始めます。酵素のない食品を食べたときにはこのようなことは起こりませんが、酵素サプリメントを一緒(食前)に摂ると、あたかも生の食物を食べたのと同様に作用してくれます。
麹菌の酵素には、糖質、脂質、タンパク質ばかりでなく、食物繊維を分解する酵素も含まれているため、どのような食品にも対応できます。また、腸内のあらゆる環境(pH2〜11まで)で働くため、本格的な消化活動が始まる前の事前消化はもちろん、消化や吸収不良の改善を助けたり、血液や血管系のトラブルはじめとする酵素療法にも利用することが可能です。

ページの先頭へ

麹菌をサプリメントで摂るのは、なんとなく怖い気がするのですが・・・
日本では麹菌は味噌や醤油づくりなどのために何百年も前から使われており、極めて安全もの。麹菌の性質を利用することで私たちの生活は大変豊かになったのです。
麹菌は「酵素の宝庫」と呼ばれ、麹菌を調べれば、現在知られている酵素は必ず見つかるとさえいわれています。麹菌は大変たくさんの種類の酵素を生産していますが、大きな特徴はその量にあります。どのような生物でも酵素を体内で作っていますが、生体維持のために必要量を確保できればそれ以上は必要ないはずです。しかし、麹菌はアミラーゼやプロテアーゼなどの酵素を自分が必要とする量の何百倍つくり、細胞の外に分泌するという性質をもっているのです。
ちなみにウルトラ酵素の麹菌は、大豆に培養したものから抽出しています。

ページの先頭へ

医師が処方した薬を服用しているときに、酵素サプリメントを併用しても大丈夫ですか?
基本的に全く問題ありません。薬剤はすべて体にとって異物であり、必ず副作用をともないますが、ウルトラ酵素は薬の効き目を倍増すると同時に副作用を半減することが知られます。従って、副作用のある薬の量を減らしていくのに非常に役立ちます。ただし、インシュリン、降圧剤などを使用している方は、薬の分量のコントロールが必要になりますので、主治医と相談してください。
化学療法の薬は同量の酵素と一緒に摂取すると、薬の効果が8〜40%高まることが証明されています。これは、抗生物質、ステロイド、サルファ剤、抗ガン剤などでもおなじ事がいえます。ちなみにウルトラ酵素を摂取するようになって、抗ガン剤による辛い副作用が出なくなったという報告は数多く届いています。
本当は薬など使わず、栄養療法で病気を治していくのが一番。でも、素人療法にはリスクがともないますので、病気を抱えている方のサプリメント利用は自己判断ではなく、必ず栄養療法に詳しい医師に相談するか、アドバイザーにお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ

酵素サプリメントはいつ摂取するのがベストですか?また、どのくらい摂取すればいいのですか?
ウルトラ酵素は使用する用途によって飲み方が若干変わってきます。
  1. 健康維持には、毎食時の直前に。食事に含まれるタンパク質、脂質、糖質をしっかり分解すると同時に、食品に含まれる栄養素を最大限引き出し体内で有効利用される状況を作ります。
  2. 疾病やケガの時などは空腹時に。急性の場合は、朝起きてすぐ4〜5粒、食間の空腹時に1〜2粒ずつがベスト。血液中の好ましくない物質を分解し、ケガや病気の早期改善を助けます。空腹時とは食事2〜3時間以上たっていて、次の食事まで1時間半程度はあいているときを指します。
  3. 食べ過ぎたときは、食事直後に。素早く消化を助けます。
    体内のなんらかの問題改善にメタザイムを使用する場合は、最初の2〜4週間は(1)と(2)の方法で1日5〜6粒、急性の場合は3〜7日間は10〜15粒お摂りいただくのが効果的です。ダイエットでリバウンドを繰り返している方は基礎代謝も落ち、血液の状態も悪いので、やはり(1)と(2)の方法で1日5〜6粒が理想的です。

ページの先頭へ

摂取時に特に注意することありますか?
そうですね。いくつか気をつけた方がいいことがあります。
  1. 冷たい水ではなく、温かいお湯で飲む。酵素活性の最も高くなるのが40度前後。冷たい水だと活性力が一気に低下します。
  2. カプセルを飲めない方は、カプセルを開け、ぬるま湯に粉を溶かして飲む。溶かしたらすぐに飲む。時間をおくと活性がなくなります。
  3. コーヒーやお茶ででなく、必ずグラス1杯以上のぬるま湯で飲む。少ない水分量では効果的に作用してくれません。
また、日々の食生活では…
  1. 新鮮な果物、野菜類はできるだけ多く、生のまま又はジュースにして積極的に摂るように。また、加工度の低い食品、添加物・農薬などが少ない食品を選びます。発酵食品もグッドです。酵素の無駄づかいを防ぐ第一ステップは食物酵素を多く取り入れられる食品選びからスタート。
  2. 食事は常にゆっくり、良く噛んで食べる。口の中で固形感がないドロドロ状態まで噛む。歯が悪い方はまず、歯の治療を。体内の消化酵素をどれだけ節約できるかは、口の中で決定すると言っていいかもしれません。

ページの先頭へ

酵素サプリメントは多量摂取しても大丈夫?副作用はないのでしょうか?
酵素サプリメントは使用の目的によっては多量摂取しなければなりませんが、安全性に問題はありません。実験上の動物に通常人間が摂る100倍もの酵素をあたえても、ほとんど影響がなかったことが確認されています。例えばモルモットに6ヵ月間にわたり毎日、60kgの男性が一日250粒飲むのと同量与えても、全くの悪影響は出ませんでした。メスの鼠には、短期間一日2500粒に匹敵する量を摂取させたものの、臓器が多少はれ、多少の疲労が見られた程度でした。超多量摂取の何例かで食欲および気性に変化が見られたものの、致死量をえることは出来きませんでした。というのも、どれだけ多量摂取させてもダメージなしに生き延びたからです。
人の場合、どんなに多量摂取といってもせいぜい1日30粒程度でしょうから、全く問題になりません。

ページの先頭へ

子供に酵素サプリメントを飲ませても大丈夫でしょうか?
酵素は食品ですから、赤ちゃんから年輩の方まですべての方に召し上がっていただけます。ただ、お子様は特別の摂取目的がある場合のみ摂取させるべきです。
特別の目的とは、例えばケガや病気の時に早期回復を目指して摂取するとか、アレルギーの治療の一環として医師の指導の元で使っていくなどです。このような場合、2〜6歳までは通常量の4分の1、7〜12歳は半分、13〜16歳は4分の3を摂取量が基本になります。アトピー性皮膚炎の治療には、生後数ヶ月頃から使われている例もありますが、あくまでも医師の指示に従ってください。

ページの先頭へ

妊娠中や授乳中でもウルトラ酵素を摂っても大丈夫でしょうか?
全く問題はありません。妊娠中や授乳中に必要な栄養素がしっかり消化分解されて体内に取り込まれるようになるので、プラスに作用してくれます。
また、妊婦の方はつわりが軽くなったり、授乳中の方は母乳の出が良くなるなどの働きの報告もあります。

ページの先頭へ

摂取してはいけない人はいますか?
酵素サプリメントを飲んではいけないのは唯一、胃潰瘍の(出血している)人だけです。海外の酵素サプリメントにはHCl(塩酸)が含まれているようなものもあり、こうしたものは、胃炎や胃潰瘍があれば、出血していなくても摂ってはいけません。
また、麹菌アレルギーある人は当然、摂取できません。醤油や味噌には麹菌が使われていますので、これらを使ってなにかトラブルを起こすような人は、酵素サプリメントも使えません。

ページの先頭へ

「消化酵素を摂り過ぎると、消化器官(内臓)そのものまで消化してしまい、胃や腸の内壁がとけてしまう」ということを読んだことがあるのですが・・・。
酵素サプリを飲んでいることが原因で胃腸がただれたり、潰瘍ができるということはありえませんが、他の要素、たとえば多大のストレスに見舞われ、胃の粘液がまともに作れないような状態に陥って胃炎をおこしたり、潰瘍ができることはあります。そのような状態のときにHClが含まれた酵素サプリメント(ウルトラ酵素には含みません)を摂ったりすると、潰瘍を悪化させ、それこそ「胃を消化」するような事態にはなるでしょう。
ちなみに、潰瘍の治療にも消化酵素(もちろんHCl抜きのもの)は使われているのです!酵素サプリメントが消化器官そのものを消化するようなことがあるのなら、このような治療が行われるわけありませんね。

ページの先頭へ

以前テレビの番組で、「消化酵素が大量分泌されると本来は食べもののタンパク質分解する強力なプロテアーゼが膵臓に作用し、膵臓自体のタンパク質を分解し、膵炎になる」みたいなことをやっていましたが、大丈夫ですか?
現代人の食生活ではこうしたことが起こってしまうからこそ、酵素サプリメントの摂取が健康的なナイスボディ維持に不可欠なのです。
加熱や加工によって食物酵素をすべて破壊してから食べるような食生活では、その消化負担はすべて膵臓にかかってきます。膵臓は事前消化されていない食品を分解しようと一生懸命働き、リパーゼ、プロテアーゼ、アミラーゼなどの消化酵素を多量に分泌し続けなければならないため、常にオーバーワークになっています。本来の能力以上に働かされる膵臓は肥大していき、膵炎などのトラブルにも当然つながってきます。このような事態を防ぐには、膵臓が消化酵素をあまりつくり出さなくてもいい状態をつくるしかありません。
新鮮な野菜や果物、生の肉や魚類だけを食べていれば、これらに含まれる食物酵素が自らを消化するため、膵臓は余分に消化酵素を作る必要はなく、なんの負担もかかりません。しかし、現実にはすべての食品を生のまま食べるという食生活を続けるのは不可能でしょう。そこで、酵素サプリメントの出番です。酵素サプリメントを食前に摂れば、加工食品や加熱した食品を食べていても、生食を食べたときと同様、本格的な消化活動が始まる前の事前消化がおこなわれ、膵臓の負担は軽減されるのです。

ページの先頭へ

酵素を飲むと便秘になってしまいます。どうしたらいいでしょうか?
通常酵素を飲み始めると、便がゆる目になります。それが便秘になるというのは、まず水分の不足が考えられます。一日を通じ2〜3リットルの水をかならず飲むようにしてください。又、酵素粒を飲むときにもグラス1杯以上の水で飲むようにしてみて下さい。それでも便秘がちになるようでしたら、摂取粒数を増やして下さい。

ページの先頭へ

酵素を飲み始めて2ヵ月。これまでにないほど体調的に良い状態が続いていましたが、先日いきなり体調を崩しました。生活が急に変わったということもないのですが、酵素が関係しているのでしょうか?
もう少し詳しくお話をうかがってみないと断言は出来ませんが、Healing crisis (治るための危機)という、酵素の好転反応と思われます。
酵素を摂取しはじめると、お腹がはったり便がゆるくなったり、顔にブツブツが出たり等、体が改善に向かう前に体がなんらかの反応を起こしたり、病気などが一時的に悪化するということがあります。これは体が改善方向に進み始めたという一種のサインです。摂取開始後すぐにこのような症状が出るケースが多いのですが、飲み始めて数か月たってから出る方もいらっしゃいます。腸に強い酵素阻害因子を持っている方の場合、摂取した酵素食品が体内で有効に働き始めるまでにある程度の時間がかかるために好転反応が出るのが遅いと考えられています。
酵素阻害因子は程度の差こそあれ誰でも持っているものであり、酵素療法において何らかの治療効果を期待する方、体を早く改善したい方などは、摂取開始時に多量摂取がすすめられます。

ページの先頭へ

ナターシャ先生は新鮮な果物は満足いくまで食べていいとおっしゃいますが、果糖は太るとききます。やはり減量したい場合には果物を食べない方がいいのでは?
確かに、日本で書かれた健康関連の本や医学書などにも、果物に含まれる果糖は、「太る」・「血糖値を上げる」と書かれており、減量や糖尿病の指導は、果物をカットすることが多いようです。
ところが、アメリカの最新食事指導ではグリセミック(GI)指数という指標が使われ、「果物は指数が低く、適切な体重維持や糖尿病に打ってつけ」といわれます。食べたものがどれだけインシュリンの分泌を刺激するかを指数化したのが、グリセミック指数。インシュリンは脂肪の蓄積を促進するホルモンですから、指数が低いものは太りにくいのです。GI指数は、低インシュリンダイエットでもお馴染みになりましたね。
食品カロリー表には、生食のカロリーと加工された食品のカロリーには区別がつけられていませんが、GI指数からみれば、大きな違いがでてきます。同じカロリーの食品でも、生はGI指数が低く、太らないのに対し、調理されたものは高くなり、太ります。
当然、果物は生で食べるべきです。果物は自然の恵みが生み出した無限の生命を含む複合体であり、そして何より生きています。「生きた果物を食べる」ということは「生きた酵素」を食べることです。これを食べることで、体内のあるゆる生化学反応が活発になり、体の根底から健康が回復します。
果物は食事の一部として、あるいはちょっと小腹が空いたときの間食として食べてください。食事を目一杯食べたあとのデザートとして果物を食べれば、いくら果物のGI指数が低くても、食事全体としては指数が上がり、なおかつオーバーカロリーとなり、当然太りますので、ご用心!

ページの先頭へ

おすすめ書籍